Thought Leadership

クリーンな状態を保つ:インベントリーを守るための5つの方法

5月 29, 2018

多くの人たち、中でも仕事や生活で多忙なスケジュールをこなす人にとって、家の掃除は決して楽しいものではないことでしょう。しかし、毎日がいくら忙しくても、たまに掃除機をかけたり拭き掃除をしたりすることは、家をクリーンに保つためには大事なことです。

同じことは広告インベントリーにも言えます。収益を増やそうと忙しく動くパブリッシャーにとって、日常的なインベントリーの品質の維持管理はつまらない作業に思えるかもしれません。しかし、広告詐欺や無効なトラフィックにより、ブランドや正当なパブリッシャーから毎年数十億もの資金が流出し続けていることを考えると、この作業は非常に重要となります。

それが自社のサイトであっても個人のものであっても、一見平凡に思えるような衛生管理にややシステマチックに注意を払うことが、物事をキレイに保ち、訪問者を惹きつけることになります。では、この春の大掃除において、パブリッシャーであるあなたがインベントリーの質を保ち、収益化を図るためにできる事を5つご紹介しましょう。

1.トラフィックとインストールに用心する

アドビの最近の報告によると、ウェブトラフィックのうち 28% は機械によるものである可能性があるため、インベントリー品質維持のための最も安全なアプローチは、トラフィックを一切獲得しないことです。しかし、見込まれるオーディエンスを惹きつけるためにオーガニック検索のトラフィックだけを当てにすることは、全員ができるわけではありません。トラフィックを購入しなければならないパブリッシャーは、用心しなくてはなりません。

実際のユーザー獲得には、多大な資金が必要です。うますぎる話にはがあるものです。もしも、トラフィックのソースが、あなたのベンダーの不正行為検出機能を発動しないことを訪問者に保証すると言うなら、おそらく訪問者はそのベンダーへの対策を打っていることでしょう。不正行為防止機能を提供するベンダーは不正の検出に膨大な資産を投入していますが、広告詐欺の武装化競争においては、悪人は検出を逃れるため努力をするので、当面は悪事が成功する可能性もあります。

あなた自身がトラフィックを獲得しなくても、社内の誰か、あるいは金銭的インセンティブを得られる誰かが、あなたの知らないところでトラフィックを購入しているかもしれません。例えば、あなたのサイトが投稿者にページビューベースで支払いを行なっている場合、記事の著者が支払いを増やそうとして自分のコンテンツへのアクセスを促す可能性があります。

2.分析を分析する

サイトやアプリの分析内容を定期的に確認し、トラフィックのパターンに注目しましょう。あるボットのトラフィックだけ目立つことがあるかもしれません。例えば、非現実的に長い(または短い)ユーザーセッションがあったり、あり得ない地域からのトラフィックがあったり、リアルユーザーにあるはずのアクセス時刻や曜日の波がなかったりします。これらの異常が見られたら、トラフィック源が特定できるまで精査しましょう。

3.ads.txt でなりすましから自分を守る

あなたのコンテンツや評判で、あなた以外の人物が利益を得ることは何としても防がなければなりません。しかし、ドメインスプーフィング(なりすまし)や不正転売により、それは簡単に起こりえます。悪意のあるセラーがあなたのサイトからのように見えるトラフィックを送り、知らぬ間にバイヤーがあなたではなくそのセラーに支払いを行ないます。

しかし、サイトに ads.txt を導入すると、その種の不正使用から簡単に身を守ることができます。ads.txt により、パブリッシャーは誰に自社のインベントリーの販売を認めているかを示すことができ、それに関わる者にとってエコシステムがより安全で透明性の高いものとすることができます。ads.txt に関する詳細は、以前のブログ記事をご覧ください。

同じ問題に直面している仲間はたくさんいます。ルビコン・プロジェクトのウェブインベントリーの80%以上(購入ベース)が、すでに ads.txt を導入しています。当社では、現在、モバイルアプリの広告インベントリーで ads.txt を機能させるため、IAB その他多くの機関と協同で開発を行なっています。

4.ページレイアウトや広告配置に注意する

あなたは「膨大な量の広告」や「ユーザー体験を妨げる広告」からウェブページを守る手段を既にご存知と思います。しかしながら、それでも意図せず無効なトラフィックの問題を招いてしまうことはあります。

モバイル上で広告がテキスト内に挿入されてサイトがリフローされた結果、ページがあちこちに飛び、ユーザーの意図しないクリックを招くケースが散見されます。このような意図しないクリックが重なると、不正行為を試みているようにも見えてしまいます。

サイトやアプリの動作、特にモバイル機器の動作を確認することで、このような行動を招くことがないようにしましょう。

5.不正行為防止機能を提供するベンダーを活用する

最後は、サイトを不正行為から守るために真剣に取り組むならば、不正トラフィックの測定やブロック機能を提供するベンダーと直接取引をすることです。最もクリーンなサイトでさえ、ボットによるトラフィックは一定数発生しています。

検索エンジン用にサイトをインデックス化するボットがあり、通常これらは広告プラットフォームの広告配信を妨げないよう表明を行います。しかし、身元を偽るボットもあります。競合情報(特に電子商取引サイトでよくある)を集めるものもあります。また、Cookie を集めてリターゲティング広告業者にアピールするものもあります。この種の不正ボットはあなたのサイトには全く関係はないものの、あなたは被害を被ることとなります。

独自の測定センサーやデータにアクセスすることにより、不正の発生源を把握しやすくなり、問題を最小限に抑えることができます。

定期的な清掃方法を確立し、それを習慣にする

クリーンなインベントリーを保つための特効薬はありません。また、インベントリーの特徴はそれぞれ違うことから、自宅の場合と違い、近くの清掃業者に任せるわけにもいきません。しかし、正しく注意を払い、道具を、危険に晒される状態を少しでも減らすことができます。

広告詐欺から身を守る方法についての詳細は、contact@rubiconproject.com にお問い合わせください。


Tags: , , , ,