Thought Leadership

タイトル:パブリッシャーのためのプログラマティック:5つの通念の嘘を暴く

7月 11, 2019
By Garrett McGrath

プログラマティックに関する通念を再プログラミング

パブリッシャーには、プログラマティックによる販売についての通念が溢れています。マネタイゼーションを完全にコントロールすることはできないとか、ヘッダソリューションを管理するにはエンジニアの開発チームが必要だとか、プログラマティックのエクスチェンジは本質的に偏っているだとか。

Demand Managerは、Prebidテクノロジーを使用してこれらの通念に対抗し、これまでになかったソリューションをパブリッシャーに提供します。これにより、独自のプログラマティックで実行できるよう裁量を与えることができます。

プログラマティックに関する通念1:パブリッシャーは、マネタイゼーションをソフトウェアレベルで制御することはできない。

一部のパブリッシャーにとって、ヘッダーソリューションを管理するためにサードパーティベンダーと提携することは、マネタイゼーションの決定に対する管理を諦めることを意味します。これはもはや必要な妥協ではありません。

Prebidはこれに対する解決策を提示し、パブリッシャーが自ら操作できるようにする、透明性の高いオープンソースのヘッダー入札ソリューションをパブリッシャーに提供します。サービスとしてのPrebidを使用すると、パブリッシャーは自社のインフラストラクチャをソフトウェアレベルでコントロールできます。

Demand Managerの使いやすいUIを通じて、パブリッシャーは数分でビッダーとインベントリを変更し、リアルタイムで更新される自動化されたデータ駆動型のレポートにアクセスできます。これは、パブリッシャーのマネタイゼーションチームが社内の開発にリソースを費やすのをやめて、迅速かつ情報に基づいた決定を下すことに専念できるようになることを意味します。今後は、広告サーバー上のハードウェアや項目ではなく、ソフトウェアでインベントリを管理する、完全にプログラマティックによる世界を当社では予想しています。

プログラマティックに関する通念2:一カ所に集まったソリューションは、出来過ぎた話だ。

分裂していることが多い私たちのエコシステムでは、プログラマティックでビジネスを行うことは、パブリッシャーにとって頭痛の種となることがある無数のデマンドパートナー(およびそれらのパイピング)と統合することを意味します。このため、複数の種類のフォーマットとプロパティがある場合は、異なるスタックを管理する必要があります。

Prebidがこれを解決します。Prebidが主流になるに伴い、すべてのパブリッシャーがそれを使用してすべてのフォーマットをいつでもサポートできるようになります。

この目標に向けて、Demand Managerはすべての取引およびインベントリタイプにわたってルビコン・プロジェクトのマーケットプレイスに統合されています。これにより、大手パブリッシャーのマネタイゼーションの取り組みにますます不可欠となっているプライベートのマーケットプレイスやプログラマティックによる保証付き取引とのシームレスな統合が保証されます。Demand Managerは、音声からDOOHまでの新たに出現したインベントリの継続的な成長もサポートしています。

プログラマティックに関する通念3:マネージド・ソリューションは本質的に偏っている。

あるエクスチェンジがサービスを提供しているのであれば、それは必然的にそのエクスチェンジがそれ自身の需要を大事にすることを意味すると考える人もいます。この恐れは理解できます。他のエクスチェンジがこれを先例としています。多くのパブリッシャーは、中立的で公正な方法でインベントリを管理するうえで1つのエクスチェンジに依存しているわけではありません。

この懸念には真実もありますが、一部のパブリッシャーが検討していない点は、オープンソースソリューションが完全な可視性を提供し、ビジネスモデルのシフトが進行中であるということです。Prebidはコードレベルまで監査できるため、バイアスを素早く検出して呼び出すことができ、パブリッシャーは最大限の透明性を得ることができます。一方、サービスとしてのPrebidを使用すると、買い手はパブリッシャーに直接接続でき、正しい価格で適正なオーディエンスに到達することができます。

このモデルでは、エクスチェンジはもはやパブリッシャーがデマンドにアクセスする方法ではなくなりますが、その代わりにサービスプロバイダーとなり、ツールやコンサルティングとともにテクノロジーホスティングを提供します。このモデルの移行は現在行われており、ルビコン・プロジェクトは独立した偏りのないサービスプロバイダーとしての責任を担い、Demand Managerのような透明性の高いソリューションをクローズドベータで提供しています。

プログラマティックに関する通念4:オープンソースはオープンだが技術的な困難がある。

2年前にPrebid.orgを共同設立して以来、オープンソーステクノロジーは

透明性、柔軟性、およびコミュニティ主導型のイノベーションをヘッダー入札にもたらしました。現在では、Prebid.orgは何千もの世界的なパブリッシャーや買い手によって使用され信頼されている主力の独立した標準規格となっています。

Demand Managerは、Prebidがヘッダー入札にもたらしたのと同じ集団所有の原則を提供し、簡単にしました。当社は運用上の複雑さをすべて管理し、(完全な透明性を維持しながら)オープンソースを独自のソリューションを選ぶのと同じくらい楽にします。

一方、顧客は当社のPrebidおよび収益管理の専門家からの24時間対応サポートを期待することができます。パブリッシャーはもはや使いやすいクローズドシステムか複雑なオープンシステムのどちらかを選択する必要はありません。今となっては、悩むことなく、手間のかからない、オープンソースのオプションがあるからです。

プログラマティックに関する通念5:プログラマティックの世界はテクノロジーに関することだけだ。

プログラマティックの世界は自動化と同義語になりました。実際には、プログラマティックはまだ人間に関するものです。アルゴリズムはプログラマティックによるトランザクションを促進しますが、「レバーを引いて」データを収集し、プロセスを改善するためには人間が依然として必要です。

Demand Managerを使用することで、優れたサービスを提供しながらコードを実装およびホストし、パブリッシャーに対して即応性のあるエンドツーエンドのライブカスタマーサポートを提供します。これがすべての違いを生むのです。より多くの予算がプログラマティックで処理されるに伴い、プログラマティックにまつわるテクノロジーの能力と柔軟性はそれを推進する人間のインサイトに依存することを覚えておきましょう。

コントロールを取り戻す

多くの誤解がアドテクの世界に溢れています。今回取り上げた通念はほんの数例ですが、このように思われているならば、成長と収益を妨げてしまう可能性があります。マネタイズすることに関して賢い決断をすることを止めてはいけません。Demand Managerを使用すると、ルビコン・プロジェクトは、ヘッダー入札に対してこれまでになかったレベルのコントロールとシンプルさをもたらし、これらのプログラマティックに関する通念を覆します。

Demand Managerについての詳細は、contact@rubiconproject.comまでお問い合わせください。


Tags: , , , ,