Thought Leadership

ProtectAndProsper (ブランドプロテクションがもたらす繁栄)

2月 26, 2018
By Brian Butray

ブランドプロテクションは、今もなお続いているセラーの皆様のブランドやユーザーを保護するための戦いであり、その歴史はウェブ広告の最初期にまでさかのぼります。当時、ウェブ広告は迷惑なものでした。パンチ・ザ・モンキーを覚えていますか?

この業界のイノベーションや技術の継続的な進歩がある一方で、それを悪用して利益を得ようとする悪意ある者達の手口も巧妙化しています。最近のニュースを見るだけでも、悪意のある不審な広告を配信をした集団や広告代理店による広告インプレッション数は、2017年の1年間で合計10億インプレッションにも及びます。ルビコン・プロジェクトではこれらの悪意ある集団と何ら直接的な関わりはなかったものの、これは膨大な数に上る悪意ある行動のごく一例に過ぎないことも認識しています。

 この業界が真に#ProtectAndProsper (ブランドプロテクションがもたらす繁栄) するようになるには、わたしたち全員が次のように自問しなければなりません:

「ルビコン・プロジェクトはその目標達成に向かって最善を尽くしているか?」 

そして、さらに重要なことは

「ルビコン・プロジェクトは、セラーの皆様に対して、我々が問題に対して真剣に取り組んでいることどのように証明できるか?」ということかもしれません。

ルビコン・プロジェクトでは、長きにわたり、テクノロジー、人材、プロセスからなる「ブランドプロテクションの3本柱」に鋭意取り組んでまいりました。

テクノロジーは、あらゆるブランドプロテクションシステムの中核にあるもので、またそうあるべきものです。これが必要不可欠であるとわたしたちが認識したのは、セキュリティースキャニング企業である SiteScout を買収した2010年です。当社独自のスクリーニングシステムは365日24時間稼動しており、モニタリングが察知されないよう様々なステルス技術を使用して、40か国以上でモニタリングを実施しています。異常な行動が検出され、特定のクリエイティブが悪意のあるもの、または問題のあるもの(例えば、モバイルアプリストアに強制的にリダイレクトするなど)と認識されると、人が介在することなく当社のプラットフォームが自動的にそのクリエイティブをブロックします。このテクノロジーは、常に悪意ある犯罪者たちが試みる回避テクニックの一歩先を行っています。当社の独自スキャンソフトウェアに加え、サードパーティーのサービスでも機能を補完しています。

#ProtectAndProsperのために!: 対策を多重化するレイヤーアプローチをとりましょう!1つで全てを網羅する完璧なスキャニングシステムは存在せず、各システム毎に特徴があります。別のシステムで捕まえられないものを一つのシステムが捕えることがありますが、その逆もしかりです。より幅広く対応できるよう、サードパーティー製品の使用をおすすめしているのは、そのためです。  

わたしたちのシステムを支援、運用、構築している人材もまた、導入しているテクノロジーと同じく重要です。ルビコン・プロジェクトは、セラーの皆様やサードパーティーベンダー又はその中間者から提出された問題を調査・解決する比類の無いグローバル・サポートチームを擁しています。当社のテクノロジー同様に、これらの素晴らしい人々もまた年中無休でサポートを提供しています。当社のサポートチームは、すべてのセラーの皆様のため、深い技術的専門知識でブランドを確実に保護する専門エンジニアリングチームと連携して作業を行っています。チームでは、スクリーニングシステムの更新、新機能の構築、新製品開発のために、常に最新の動向データを収集しています。

#ProtectAndProsperのために!: 広告クオリティ問題(AQ問題)の対応には、特別なスキルセットが求められます。ケースは毎回異なり、多くの場合は情報が限られています。効果的に行動できるようチームを訓練し、知識とツールで武装することが重要なのはそのためです。ルビコン・プロジェクトのナレッジベースの「ブランドプロテクション」セクションをご覧になるか、当社グローバル・サポートチームにお問い合わせください。わたしたちの知識をご活用ください!わたしたちはそのためにおります。

プロセスとは、より幅広くマーケットプレイスの変革を促すものです。問題は発生した時に特定してブロックすることも一つですが、真の改善はマーケットプレイスの検出とデータ関連のプロセスをより洗練することによってもたらされます。これらのプロセスには次のものが含まれます:

  • パターン特定:当社では、報告された問題はすべて追跡・確認し、不審なシステムパターンが検出された場合は、すぐに追加でクリエイティブ、広告主、バイヤー、必要であればDSP全体でさえもブロックします。このような継続的な対策をとることで、当社のマーケットプレイスの信頼性を確保できるのです。  
  • フィードバック・ループ:問題の追跡から入手した情報を使用して、当社のグローバル・サポートチームは専門のコアブランド保護エンジニアにフィードバックを提供できます。これにより、絶えずシステムやテクニックを再設定することができ、犯罪者とその技法の一歩先を行くことができるのです。
  • パートナー調査:将来のDSPパートナーに向けたネットワーク参加時の審査・調査プロセスの事前告知および強化のためのデータの使用。審査において、顧客企業の概要、地理的所在地などは品質質問票の質問事項のごく一例ですが、将来的なDSPパートナーの皆様にはこの質問票に事前記入し、当社審査に合格していただく必要があります。これらの質問は、システムへのアクセスを認める前に当社のブランド保護サポートとエンジニアリングチーム双方のシニアメンバーがチェックを行います。
  • マーケットプレイス動向レポート:世界で確認された問題のデータを用いて、マーケットプレイスで見られる最近の問題をセラーの皆様にお伝えするための動向レポートを作成することができます。これにより、セラーの皆様はより戦略的かつ積極的に防御を行うことが可能です。

#ProtectAndProsperのために!: 貴社がThe Media Trust、GeoEdge、RiskIQ、Ad Lightning といったサードパーティーのセキュリティーベンダーと提携している場合は、貴社内のチームへの警告のみならずルビコン・プロジェクトのグローバル・サポートチームにも共有ください。これにより、情報共有及び問題の解決が迅速化されます。

テクノロジー、人材、プロセス。我々の取り組みの基本となるものは、セラーの皆様のみならず、業界全体のためでもあります。皆様にこの活動に積極的に関与いただきたいと願っているのは、そのためでもあります。それにより皆で互いを守りあい、このデジタル時代に、プログラマティク・マーケティング業界に、真の繁栄を実現できるのです。

 


Tags: , ,