Prebid



Thought Leadership
2月 3, 2020
Prebid のユーザーIDモジュールは、いかにしてパブリッシャーを支援するのか
Prebid のユーザーIDモジュールを利用すると、パブリッシャー独自の条件でIDを標準化することができるため、オーディエンスのターゲティングやマネタイゼーションを改善し、より良質なユーザー体験の提供が可能になります。
Thought Leadership
12月 4, 2019
ルビコン・プロジェクト・オートメーション・サミット・東京2019からの学び
本年の主なテーマとして、ルビコン・プロジェクトがプログラマティックマーケティング業界がよりよい形で発展していくの為のコミュニティの醸成とコラボレーションにフォーカスしていくこと、バイヤー・セラーの皆様によりよい実績をもたらす為の様々な取り組みを推進していくこと、そして急成長を遂げているビデオ・オーディオ・DOOHなどのプログラマティック新領域における取り組みの状況や将来像についてを取り扱いました。
Thought Leadership
11月 6, 2019
ビデオ: どのようにしてDemand ManagerがPrebid実装をサポートするのか
パブリッシャーによるPrebidの実装や管理が Demand Manager によって簡略化されると語るルビコン・プロジェクトのソフトウェアエンジニア、ロバート・マルチネスの説明をお聞きください。
7月 29, 2019
コミュニティー主導によるファーストパーティーIDのメリット
パブリッシャー指向のアドテクにおけるオープンソース化と標準化の発展に伴い、ファーストパーティー Cookie が誰でも利用できるコミュニティー主導型ファーストパーティーIDモデルへの移行にまたとない追い風が吹いています。
Thought Leadership
7月 11, 2019
タイトル:パブリッシャーのためのプログラマティック:5つの通念の嘘を暴く
プログラマティックによる販売に関する通念と、ルビコン・プロジェクトがパブリッシャーのPrebidによるマネタイズをどのように支援しているか
Thought Leadership
6月 12, 2019
エクスチェンジの高速化、パフォーマンスの改善
Demand Managerは、プログラマティックのパブリッシャーに対し、デマンドをより迅速に管理し、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためのコントロールと洞察を提供します。
Thought Leadership
5月 6, 2019
2019年、ルビコン・プロジェクトが注力する製品分野
シリーズ第2段では、CTOのTom Kershawが、ルビコン・プロジェクトの2019年のロードマップのなかでも重要なプロジェクトを取り上げます。
Thought Leadership
5月 1, 2019
ヘッダー入札の成長に対するルビコン・プロジェクトの反応
シリーズ第3弾では、ルビコン・プロジェクトがヘッダー入札の成長にどう対応したかについて、Tom Kershawがご説明します。
Thought Leadership
2月 21, 2019
2019年におけるPrebidの成長
Prebid.orgは成長を続けており、この成長に伴い、オープンソーステクノロジーを最適化する新機能やサービスもあります。ルビコン・プロジェクトのPhilip Meyer、Bret Gorsline、Garrett McGrathが、成長する組織とそのパートナーに2019年に何を期待するかについて話し合いました。
Thought Leadership
2月 19, 2019
Prebidの進化
Prebid.orgは、エクスチェンジ、ラッパーサービスプロバイダー、パブリッシャーなど、新しいメンバーのイノベーションを抱え、初期の頃と比べて大きく成長しました。2部構成のシリーズの第1部では、ルビコン・プロジェクトのPhilip Meyer、Bret Gorsline、Garrett McGrathが、ルビコン・プロジェクトのPrebid組織にとっての最も重要な変更点と今後の構想について説明していきます。
Thought Leadership
1月 3, 2019
2019年はモバイルイヤーとなる・・・ヘッダー入札
ヘッダー入札はそのような重要分野の一つだが、そう長くはない。ここは2019年に大きな進展がみられるところである。